life-is-inportant

今日は、 どうすると人間は幸せになれるのか?ということに関して話していきます。 

人は色々な考え方を持っています。 

食べ物に好みがあるように 

人間の幸せのカタチは人によってそれぞれ違いますよね。 

幸せになる方法は自分で試行錯誤して探すしかありません。 

人は必ず不幸になる

通販ビジネスをして成功した人もいれば、不動産投資を成功したという人もいます。 

成功者が語る成功の法則というのは、本当に成功するかどうかはわからないですし 

再現性があるかもわからないですが 

もっと言えばそのタイミングだからこそ成功したのではないか、という可能性があります。 

ところでかの有名な世界トップの投資家ウォーレン・バフェットのパートナーである 

チャーリー・マンガーという投資家は失敗ノートを持っていました。 

他人が成功したやり方でやったとしてもうまくいくかどうかはわかりませんが、 

他人の失敗は参考になります。 

不幸になる方法、失敗する方法は簡単に見つかっていて 

実は、昔からそれほど変わらないのです。 

不幸にならないように 

不幸になる方法、失敗する方法を知ったうえで 

それを回避すれば幸せになれるのではないか? 

人間は自然に不幸になる方向に進む傾向にある 

人間は不幸になるように進化しています。 

不幸になるというよりも不幸を感じやすいようにできているのです。 

例えば人間関係が充実していて、 

いい友達がいると幸せになって、 

逆にいい友達がいないとか、周りが敵ばっかりだ。 

と思っている方は幸せになれないという話があります。 

僕らは不幸になるというより 

不幸を感じやすいように出来ています。 

不便さを感じるから便利にしようと思うし 

恐ろしいことが起こるかもしれないから準備しようと思う、 

つまりネガティブな感情を発達させてきたのは僕らです。 

勝手に不幸になりやすい考え方をしてしまっているのです。 

なぜ僕らは不幸な方向に進んでいってしまうのか 

不幸な人というのは、 

本当に嫌なことが起こる場合と 

いいことが起こっているのに幸せを見失っている。 

この2つというのはほぼ同時に起こります。 

幸せを見失って近くに救いがあるのに 

そこから目を逸らしてしまって不幸な方ばかりに目を向けて 

その結果、不幸なことが本当に起きてしまうからです。 

不幸になる人の12の特徴 

アンナ・バイタルさんというインフォグラフィックを 

たくさん作っている人がいるのですが、 

この方が科学的な根拠に基づいて 

確実に不幸になれる方法を紹介してくれています。 

これから皆様に12個の質問を出していきます。 

Yes/Noで答えてください。 

  1. 非現実的な期待を持ってしまっている。 
  2. 根拠も無いのに自分を特別と思っている。 
  3. 自分の幸せを間違った尺度で判断していないか。他人と比較していないか 
  4. 自分の所有物に慣れてしまいもっと大きなもの、良いものが欲しくなる。 
  5. 悪いことが起きていないことをいいと思うか。 
  6. 不幸な状況に特別な意味を見出していないか。 
  7. 他人が自分を幸せにしてくれると思っている。(当たり前に感じて感謝できなくなる) 
  8. 新しいことに挑戦をすることよりも失敗することを恐れている。 
  9. 不幸を慰めあう相手がいますか。 
  10. 幸せを求めるのはわがままだと思うか。 
  11. 不幸の後には幸福が必ずやってくると思っている。 
  12. 仕事が人生や幸せに与える影響をあまくみている。 

あなたは、いくつYesがありましたか? 

この質問はYesが多い人が危険で、 

半分以上の方は結構危険です。 

このインフォグラフィックにはありませんが 

13問目の質問があります。 

幸せを日々追い求めていますか? 

Yesと答えた方、 

幸せになるために努力していると思った方は 

不幸になる可能性が高いです。 

その考え方は日常を楽しめなくなるからです。 

まとめ 

良いことが起きても悪いことが起きても 

悪いほうに解釈してしまうのが不幸になる人の特徴で 

13個の質問を見て自分はそうなっていないか 

時々チャンスの手に入るところや 

大事なところで不幸になりやすい考え方をうっかりしてしまっていないかを確認する事が大事。

  • 元々、人は不幸になりやすい傾向にある。
  • 幸せになるには不幸を回避することと同じ
  • 幸せに努力すると日常を楽しめなくなる。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST