friend-end

今回のテーマ友情が終わる原因ということで、みなさんの友達関係ってどのような時に終わるのかをご紹介します。

せっかく仲良くなったのに仲たがいをしてしまったり、人によっては嫌われたくないと思う人もいると思います。

金銭問題や異性トラブルで友情が終わると考える人もいると思いますが、実際金銭問題や異性トラブルで友情関係が終わるということは少ないです。

ここで話をする仲たがいとは、普通に付き合って自然に消滅してしまう友情関係や、昔はすごく仲良かったのに、仕事などで環境が変わって自然消滅してしまう人などのことです。

どんなに環境が変わっても友情が変わらない人がいますが、なぜそうなるのか紹介します。

友達を作る上で大切なことは?

友達は投資と同じで長期的な関係になれる人を求めます。

ではどのようなタイプの人と仲良くなると長期的な関係になるのかを解説します。

を分かっておくと以下のメリットがあります。

  • 長く時間をかけてでも作った友達の方が長期的に仲良くなれます。コミュニケーション力が低い人ほど大事な項目です。付き合っている時間を長くすればするほど、仲が深まるということが分かっているので、口下手な人でも長い付き合いがコミュニケーション力の弱さを埋めてくれる。
  • ギブアンドテイクの関係。「おごっておくべき?」「仲良くすべき?」などと、相手に投資すべきなのか見極めることができるかも重要です。長い付き合いになればなるほど長期的に助けてくれる可能性があるので、指標の一つになります。
  • 「長期的な付き合いをしないといけない人」という人が居て、例えば起業をした時のパートナー等で絶対に裏切らない人です。大事なのは長期的な関係になるかを見極める事です。この人とは長期的な付き合いになるなと思えば相手を裏切りづらいお互いに思う事が大事なんです。こういう関係になってからビジネスを始めた方が上手く行きます。「この人は自分のことを裏切りそうだな」と感じるとギクシャクしたり友情関係が自然消滅する可能性があります。

仲良くやって行ける人は少ないので、どうせなら長い付き合いをして信用が出来る人と一緒に居た方が仕事も人生も上手く行くと思います。

という点で友情が崩れる原因を知っておけば、逆に友情が終わらない人ってどんなタイプなのって事を見極められる事になります。

人それぞれの価値観

私は時間にルーズな方でかなりのマイペースです。

ですが世の中には1分も遅刻を許さず、ぐちぐち部下や取引先に自分の常識を押し付け怒鳴る人も居ます。

ハッキリ言いますが僕はそんな人とは仕事も取引もしません。

電車も5分遅れれば謝罪のアナウンスが流れますよね。

海外の友達をその話をしたらなんでそんな会社で働いてるの?「クレイジーだ」と言わました。

海外ではストライキもありますし乗り物は5分なんて平気で遅れますからね。

友達も考え方や好みはそれぞれあり、一生付き合える友達を見極めるにあたり、自分の常識を押し付ける人は基本的に友情関係がうまくいきません。

また私には一緒に事業をやっている仲間がいるのですが、私は「辞めたくなったらやめてもいいし、自分たちで事業を挙げてもいいよ」と言ってあります。

なんでそれを言えるかというと、本人たちがそれをずっとやっていくだろうと思っているし、独立されても自分で稼げるし、辞めた後もその後の関係が続くと思っているからです。

「専業でやれ」「給料やっているのだから」という人がいるけど、その自分の考えを相手に押し付けることに変わりありません。

フロリダのアトランティック大学の研究で、アメリカの中学生(小学生を対象にしなかった理由は、状況が変わっていくと友達関係が変わることを調べたかった為。)

410人を対象に6年間、全員の人間関係がどういう風に移り変わったかを調査した結果、6年間が友情続くケースがものすごく珍しく、長期間友情が続くのが珍しいということが分かっています。

中学でクラスが変わったら友情がかわるのか?を調べると、隣のクラスの近距離でも友情が6年間続いたのは全体の1パーセントしかいませんでした。

環境の入れ替わりがあると非常に近い環境にいる状態でも状況が変わると、友情関係が続くのは非常に難しいことが分かりました。

会社員の場合だと会社の関係という線引きがあるのでもっと難しいとされています。

友情が終わる原因

また、以下の4つの「違い」があることで、友情が終わることが分かっています。

  • 性別の違い

     男女の友情は基本的に成り立ちません。異性の友情は同棲の友情に比べて4倍近く自然消滅する確率が高いことが分かっています。ウィスコンシン大学の研究によると、男が性的欲求を持っているから男女の友情が成り立たないとのことです。女性側からしたら男女の友情関係は成立するけど、男性側からしたら女性を性的な感覚で見てしまうのです。

    友情関係から恋愛関係に行けないと悩む女性の人がいますが、これは友達関係が簡単に恋愛に転がるので逆にチャンスになるので問題ありませんが、男性側から女性に友情関係から恋愛関係に変えるとなると、自分のイメージを変えなければならず、友情から恋愛に変えるのは女性の方が簡単であることが分かっています。

    • 体的攻撃性の違い

     手が出やすい人、キレやすい人は同じような友達が多くなります。暴力に走りやすいか、暴力性や衝動性はテストで図ることができますが、それが高い場合は、そのような友達と仲良くなることが多いです。(類はともを呼ぶ) 口で攻撃する人か手が出るか等の攻撃性のバリエーションでも仲良くなれるか分かれます。

    • 頭、成績の良さの違い。

     頭の回転、話が合わなくなるので、頭の良さも大体同じ成績の人と仲良くなる傾向にあります。要するに話が合わなくなります。ただし頭の良さは鍛えられて、脳トレや瞑想、言語の勉強、読書をすると、頭は鍛えられるので頭のいい人と仲良くなる可能性は十分にあります。

    • 感度の違い

    友達が多い人は友達が多い人同士で付き合いやすく、逆もしかりです。友達が少ない人は、最初は友達が多くない人をつるむと関係が長く続きやすい。

    以上の4つが違えば、友情がなかなか続かないことが分かっています。案外、収入の違いで友情関係が変わるという結果は出ていません。また、相手がお金持ちになったり有名になったりすると友達関係がなくなると思う人がいるが意外にそれは関係ありません。

    これがいくつ当てはまったらアウトなのかというと、そうではなく、それぞれの要因が重なっていくごとに、友情関係が終わる可能性が高くなるということです。ポイントが一つあてはまる度に25%から50%と確立が上がります。

    自分と違うタイプの友人がいかに大事なのかが分かるし、この4つになるべく当てはまらないタイプの友人を作ると友人関係が続きます。意外に趣味が合わないのはあまり関係がありません。性格の悪さも友情関係の維持は関係なく、悪口を言う人が居ても悪口を言う者同士で長期的に仲良くなりやすいのです。

    自分に似ている人と仲良くすれば友達は多くできます。

    仮に自分の友達が4つの項目に当てはまる人がいて、それを乗り越える方法は、お互いの性格を認識し共通点を見出していくことが大事です。自分はこういう人間だという自己開示が必要になってきます。

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    RECOMMEND POST