title

こんにちは! 現在ワーキングホリデービザでオーストラリアに滞在中のA.Sです。

こちらのブログを借りて記事を書かせて頂いております。

私は20193月に東京の大学を卒業した後、4月から語学留学を目的としこちらに来ました。オーストラリアには2年滞在の予定です。この記事を見て留学やワーキングホリデーを検討中の方が少しでもオーストラリアでの生活をイメージしやすくなればと思っています!

勇気を持って外国人と友達になるべき

実は私、大学3年生の後期でアメリカの大学に交換留学生として3か月行きました。

3か月でペラペラにはならなくとも、日常会話程度はできるようになりたい!そう意気込んで出国したものの、現地についてからは同じ学校の留学プログラムできた学生が数名。授業や行動パターンもほぼ一緒。ということで日本人と行動していました。当然英語より日本語を話す時間の方が多く、結果として英語力という面ではあまり伸びませんでした。とはいっても現地でネイティブの友達もできましたし、英語を話す、ということが自分にとって楽しいと感じれる瞬間であることも実感しとてもいい経験になったのは間違いありません。そして帰国後、英語よりも日本語を話してしまっていたことの後悔と、将来英語を使って仕事がしたいと思いが増し卒業後に渡航することを決意しました。

そしてオーストラリア、シドニーで最初の4か月語学学校に通いました。大学では英語文学を専攻していたこともあり、文法やボキャブラリーを学びたいというよりは外に出てひたすら「話す」ことに集中したかったので私は4か月でちょうどよかったという感じでした。

オーストラリアで語学学校を探していてネットで見ている方が気にする一つのポイントとして、「日本人が少ない学校」を探している方いらっしゃるのではないでしょうか? 私は前回のように日本人と行動し日本語8割の生活は避けたかったので、一番の条件といっても過言ではないくらい気にしていました。

しかし、4か月通って思ったこと。オーストラリアで日本人が少ない学校ってほとんどないと思います。私は学校選びはエージェントさんに手伝ってもらったのですが、一応 「日本人が少ない」とされる学校に行きました。まあ少ないとは言えませんでしたしむしろ多いなと感じました。ほかの学校に通っている友達も同じようなことを言っていました。

title

しかし!!私は今日本人以外の友達の方が多いです。週末はクラスメートと、オーストラリアならではのビーチへ行ったりBBQやホームパーティしたりします。外人に囲まれ英語で会話しながらBBQ。憧れるシーンじゃないですか?

私は運がよかったのかクラスに日本人は私だけでした。日本人が多い学校でどうやって?と思うと思いますが、結果論でいうとそういう環境を自分でつくったからです。大きく分けてポイントは2つあります。

「脱日本人」

まず、出国前は文法や単語はできるだけ多く覚え基礎はつくっておきましょう。ほとんどの学校は入学初日に筆記と軽いスピーキングテストをうけその結果次第で学力別でクラスを分けています。その時にレベルが高いクラスに入れれば日本人はかなり少なくなります。下から順に、beginner, elementary, pre-intermediate, intermediate, upper-intermediate, Upper-intermediate plus(もしくはpre-Advance), Advanceです。学校によってbeginnerがないところや、多少の違いはありますが大体こんな感じです。まずはintermediateより上を目指すと比較的日本人ばっかというクラスは避けられるかと思います。入学初日から環境づくりは始まっています(笑)

また、海外の方に囲まれるクラスは、授業中に手を挙げて質問しやすい雰囲気があります。みんな気になったことはその時に遠慮なく聞くからです。日本の学生とは全く違うので最初びっくりするかもしれません()自然と自分も質問をする癖がつくのでインプットだけでなくアウトプットの場にもなります。

語学学校を通して私が感じたことはどの国からも日本人はシャイと思われています。でも日本にいいイメージを持っている方がほとんどです。この写真は私のスペイン人のクラスメートが日本が好きでお寿司のタトゥーを見せてくれました。()

日本人はシャイ。そういうイメージをこちらからなくそうと心がけました。まずはクラス全員に自分から(ここ重要!)挨拶すること。 笑顔でHi. Hello.の一言で相手は一気に話しかけやすい日本人として認識してくれます。自分のクラスと一通り友達になったら休み時間に隣のクラスに同じことをしました。自分のクラスメートの友達のクラスでもいいと思います。あとはオーストラリアに来て、褒められることが増えました。というのも、初対面のひとに「その服かわいいね!」や「そのかばん素敵!」と社交辞令かもしれませんが、だとしても純粋にうれしかったです。なので私も人のことを褒めることを心がけました。なんでもいいんです。話すきっかけとしてなにか相手のどこかを褒めるだけで相手との距離が近づきます!これは学力関係ありません!知らない人に一言声をかける勇気だけです!

こうして自分が「脱日本人」することで自然と海外の友達が増え気づいたら日本人は自分だけの状況になり英語力も向上します。日本人と友達になることが悪いとは言ってません!友達は多いに越したことはありません。ただ日本人と英語でのみ会話って思ってるよりも難しいんです。言いたいことが言いたいニュアンスで全部伝わってしまう日本語の安心感はとってもよくわかりますが、それになれると抜け出すのがすごく大変です。一日の中で日本語を話す割合が英語よりも上回らないようにだけ心がけましょう

最後にもう一つ、語学学校は一週間単位で通えるところが多いので英語力に自信があってもオーストラリアに来てすぐは友達づくりも兼ねて1,2週間でも通うことをお勧めします。海外で新しい生活を始めるうえで、たくさんの助けや情報が必要です。そういった面でも人脈は広げておいた方がいいですね。

是非いろんな国の人と友達になって現地を思いっきり楽しんでください!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST