title

まず性格は変えられるのか?という事について結果からいうとある程度は変える事が可能なんです。

オンラインレクチャーで「人間の性格は固定されてなくて変えられるんだ」という事を教えただけでも性格が変えられたという事が分かっています。

2017年にハーバード大学がおこなった研究で、うつ状態に悩んでいる1215歳の96名を、2つのグループに分けて片方のグループには、性格は変えられるんだというオンラインレクチャーを12030分受けてもらい、もう1つのグループには会話セラピーに関するオンラインレクチャーを12030分受けてもらいましました。

性格は変えられるんだというオンラインレクチャーの内容ですが、ニューロパスティスという脳の神経が変わるという事を表した研究の解説で、簡単に言うと、人間の神経は可変性があり、人間の行動は、脳が作り出す趣向と感情によって変わっていく。脳が変わると趣向と感情が変わり、行動も変わるんだからそれは性格も変わったという事になる。

性格が変えられないなら行動を変えてみる、それにより脳が変わるなら趣向と感情が変えられ、行動も変えられる。というのがこのオンラインレクチャーの内容です。

このオンラインレクチャーを受けたグループに3か月、6か月、9か月に性格を測るテストを行い、参加者の親にもインタビューしました。

その結果、うつ症状が33%改善し、積極的になったり、自己コントロールの感覚が増加しました。

頑張ればできるとか、自分が決めたことを決めた通り行動できるなど、性格が大幅に変わって望ましい行動が増えたり、やりたい事ができるようになっており、性格が変わった可能性が示唆されたのです。

性格を変えたい意志をもって科学的根拠に基づいてシステマティックにステップバイステップを踏んでいけば性格特性や行動は変えられる、コントロールできるようになるというのがこの研究だったんです。

どんな行動、どうすれば脳が変えられるのか

1つ目、マインドフルネス瞑想です。足の裏の神経に集中して歩き続ける歩行瞑想。座って瞑想してもいいんですが、これをすると好奇心がかなり上がります。新しいものへの開放性とメンタルも強くなって外向性も上がるので、初対面の人に対するコミュ力もアップします。

2011年にラドバウド大学が70人の男女を対象に2つのグループに分けて実験をしました。

片方はマインドフルネス瞑想は週に50700分やってもらい、さらに瞑想の前後にビッグファイブのテストで性格特性を調べ、もう1つのグループはパーソナリティに関するレクチャーを受けました。

瞑想を続けたグループは、初対面の人に対する外向性、他人の知らない輪の中に入っていく能力が高まって新しい事にチャレンジしたり、新しい事に対する興味が増え、ネガティブな感情もスルーできるようになったんです。

瞑想によって、趣向とか感情が受け入れられるようになったからではないかと思われます。

実はこの研究で最も成果があったのは開放性。新しいものに対する好奇心・チャレンジしていく能力ですが、マインドフルネス瞑想の最中に自分が秘めていたものや、ふと沸いた新しい感情などにさらされた為、鍛えられたのではないかと言われています。

運動はメンタルにとてつもない影響を及ぼす

普段の運動量が多くなると、ビックファイブでいうところの誠実性(コツコツ頑張る能力)がアップします。初対面の人に対するコミュニケーション能力、外向性もアップします

さらに、協調性も改善されて、開放性も高くなります。心気的傾向が下がりメンタルが強くなります。

運動すると性格が良くなるのはどうやら間違いないというのは、フランスのモンペリエ大学による研究によるものです。1990年代に4050歳代の男女6,000人を集めて全員にビックファイブなどの性格テストを行って、毎日の運動量をチェックしました。(一応、健康レベルやライフスタイルもチェックしています)20年追跡して再び性格テストを行った結果、運動すればするほど、ビックファイブテストでいうところの誠実性、協調性、外向性、開放性が高くなったという事が分かったんです。

この研究の重要なところは、元々どういう性格だったのか、年齢の高さ、IQ、性別、健康レベルに関係なく運動する事によって自分の将来の性格が変えられるという事、運動が一番性格改善になるという事だったんです。

では、運動によってどのくらい性格が変わるのか?という事ですが、性格は半分IQ、半分人間関係で決まります。ただし、トラウマ・重い病気を患うと人間がゆがみます。人間の性格を左右するのは、遺伝子、人間関係、重い病気になった事があるかどうか?トラウマになるものを経験しているかが重要なポイントになります。

運動は人生の半分の人間関係や重い病気に匹敵するレベルで人間の性格を変えてくれるという事が分かっています。

遺伝や10代の性格を考慮していないので100%とは言えないんですが、

一般的に性格が変わらないといわれている4050代になっても変化する事が分かったんです。

生まれ持った性格は変わらないといわれていますが、運動はそれを超えて性格を修正する力があるかもしれないというのが今回の研究です。

運動は負荷がハードでもライトでも変わりません。好きなのをやれば良いのです。散歩でもガーデニングでも、ランニング、筋トレでも性格が変わる事が分かっています。

重要なのはとにかく毎日ちょっとずつ動かす習慣をつける事です。なぜ影響があるかは、解明されていませんが、いい影響があるのは間違いないので、運動はした方がいいのです。

運動しないとモチベーションが下がりますので、今日から運動量を増やしてみましょう。よりポジティブに変わる可能性があります。

ビリーフシステムを変える

ビリーフとは信じているもの、信念です。キャロル・ドゥエック博士のレビュー論文で過去のパーソナルの研究によると、マインドセットを変える事で性格はある程度まで変えられるという事が分かったんです。

ドゥエック博士が提案しているものが具体的に4つあります。

1つ目、習慣を変える事にフォーカスする。定期的に自分を好きになれるようなポジティブな行動を週4回やる。僕らは性格から特定の行動をとって何かの結果を得ています。もっとこういう行動が取れたら、結果が変えられるのにな、こういう性格だったらこういう行動取れるのになと考えます。

性格を変えたいと思ったら、行動を変えましょう。行動を変えるならまず習慣を変えましょう。人間が習慣化するには60日以上、週4日継続しなければなりません。前の性格からは取れなかった行動が取れるようになる事で、性格が変わったと言えると思います。

(週4回以下だと習慣がなぜ途切れるかは下記の記事を参照してください。)

2つ目、セルフビリーフ=成長マインドセットのことです。自分は変わらないと思っていると変わらないが、変わるんだと思えば変えられます。内向的だった人が人前でしゃべれるようになったり、性格って変わるものなんだというマインドセットを持つ事がセルフビリーフを変える事につながります。全く変わるとかではなく、ある程度は変わるんだと思っていただくと良いと思います。

3つ目、プロセスフォーカスです。自分のビリーフを変えられない人というは成果にフォーカスしすぎるので、できなかった事に目を向けるんではなく、自分が実行に移したプロセスに注目しなければなりません。

やっぱり俺はダメとか思わないで今までの自分では考えられない、新しい行動をとった、行動しようとしました前に進もうとした自分を褒めてあげることです。

いきなり大きなビリーフを求めるとモチベーションが続かないので、なるべく細かく細かく前に進んでいるというプロセスにフォーカスしましょう。

4つ目、(なりたい自分の)フリをしましょう。自分の性格が外向的に変わったというフリ、演技をし続けましょう。クリストファーピーターソン博士によると、社交的に明るく振る舞うと行動が変わるそうです。観察能力が高い内向的な人間が外向的な人間の社交スキルを身に着けると一番最強になります。それがセカンドネイチャーと言って、あとから手に入れた性格の事を言います。

本質的には性格は何も変わっていないけど、取れる行動が変わっていますので、自分の性格を変えた時と同じ結果を手に入れられるんです。

性格って結局変えられるのか変えられないのかこれにはまだ議論がありますが、欲しい結果はセカンドネイチャーを使って手に入れる事ができるんです。

セカンドネイチャーを手に入れる為の簡単な方法をご紹介します。

IF THEN ルール「もしAの状況になったら、Bをする」

という風にルールを決めて、意志の力を使わずに行動に移します。

(例えば朝起きたらバーピーをする。ドアを開ける前にスクワットをするなど。)

最後に意志の力で性格は変えられるのかという研究でイリノア大学がどうやらできると発表した論文です。

151人の学生を集めて全員に性格テストを受けさせて、16週間どういう風に性格が変わったのかを調べた研究になります。変えたい意志が強い学生ほど、変わろうと思わなかった人よりも変わったという事が分かったんです。

しかし意志の力を使うというのは余り宜しくないので、使わなくてもできる方法をご紹介します。

「実行意図」

これまでも言っています最強のIF THENプランニング。行動を変える事が望ましい行動をとる確率が上がる。Aが起きたらBをするみたいに、自分の中でルールを決め、

めんどくさいと思ったら、後回しにせずすぐに始めるとか

めんどくさいをスイッチにして、めんどくさい→やる、めんどくさい→やるを繰り返します。あらかじめ自分が陥りやすい時にどういう行動をとるか紙に書くだけでもいいです。強力なテクニックで、先延ばしなまけ癖を治します。

機械的に行動変わっただけかと思われますが、実際にビックファイブテストの結果で性格に変化が確認されています。

なりたい自分が取る行動をIF THENによって作る、それをずっと続けていったら本当に気づいたらいつか変わります。

やるべき事は、「瞑想」「運動」「ビリーフシステム(なりたい自分が取りそうな行動をリストアップし、IF THENルールを作って実行に移す。)」の3つです。行動が変われば性格も変えられます。性格は変えられますから大丈夫です。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST