title

カナダの有名な観光地と言えばバンクーバーやケベック、ロッキー山脈などですが、その中でも誰もが行ってみたいのがナイアガラの滝ではないでしょうか?私の住んでいるトロントからは車で気軽に行けるので、日本から来た家族や友人を案内するなどして年に1度は訪れています。

ナイアガラの滝ってどのぐらい大きい?

世界三大瀑布の一つであるナイアガラの滝。つまり世界でトップ3に入るほど大きいということですが、実際はどのぐらいのサイズなのでしょうか。

ナイアガラの滝と一般的に言われているので大きな滝が1つドーンとあると思われていることもありますが、実は大きな滝が3つ並んでいて、それを全部合わせてナイアガラの滝と呼んでいます。

一番奥にあって、サイズも一番大きいのがカナダ滝です。高さは53メートル、滝の幅はなんと670メートルです!カナダ滝のすぐ近くには展望デッキが設置されているのですが、そこから滝を見下ろすとまるで吸い込まれそうになるほどの勢い。少し恐怖すら感じるほどです。

そして他の2つの滝がアメリカ滝とブライダルベール滝です。この2つはカナダ滝に比べるとだいぶ小さいですが、それぞれに趣のある形です。

ナイアガラの滝はアメリカとカナダの国境にあります。そしてカナダ側からのみアクセスをすることができるのが名前の通りカナダ滝、アメリカ側からのみアクセスをすることができるのがアメリカ滝とブライダルベール滝です。そして3つの滝を一度に見渡せるのはカナダ側からのみなんです!

ナイアガラの滝のおすすめアトラクション

ナイアガラの滝周辺はまさに観光地といった感じの雰囲気で、のんびり歩いて散策するのにぴったりです。といっても規模はそこまで大きくないので、滝関係だけを網羅するのであれば1日あれば十分です。

滝観光で一番人気と言えばテーブル・ロック(Table Rock)です。カナダ滝のすぐそばにある無料の展望デッキで、滝から立ち上る水蒸気で常に雨が降っているような状態です。日本では考えられないぐらい低い手すりの反対側にはすぐ滝があり、手を伸ばせば届きそうなほど!時々手すりに上って写真を撮っている命知らずの人も見ますが、非常に滑りやすいので絶対にやめてくださいね。過去には転落死亡事故も起きています。

5月の初めごろから10月の終わりまでの運行になりますが、ホーンブロア・ナイアガラクルーズ(Hornblower Niagara Cruise)もおすすめです。船に乗って滝ギリギリまで近づいて全身で滝を感じることが出来るアトラクションです。チケット代にはポンチョも含まれていますが、安っぽいぺらぺらのポンチョなので、このアトラクションに乗るならば濡れてもいいような恰好で思いっきり楽しむのがおすすめ!船の2階、先頭が一番濡れるスポットです。

滝つぼのすぐそばから見上げるようにしてカナダ滝を楽しむことが出来るアトラクションもあります。それがジャーニー・ビハインド・ザ・フォールズ(Journey Behind the Falls)です。ゴウゴウと音を立てて落ちてくる水でぐっしょり濡れるぐらい近くまで行くことができます。また滝を裏側から観察することもできますよ。

ナイアガラの滝のおすすめレストラン

ナイアガラの滝の周辺は観光地なのでチェーン店も多く、家族でワイワイ食事が出来るようなファミレス的なお店が多いです。味も悪くはないですが、別に取り立てて美味しいわけでもないレベル…。

その中でも、何度も通って見つけたお勧めスポットを2か所ご紹介しましょう。まずはステーキハウスのケグ(The Steakhouse Keg)です。ここはチェーン店なのですが、ナイアガラの滝にあるレストランでは、上の写真のように大きな窓から滝を見下ろしながら食事をすることができます。雰囲気はゆったり落ち着いていますが、小さい子どもさん連れでも問題ない感じです。

もう一つはアンティカ(Antica)というピザのレストランです。全くノーマークだったのですが、偶然お店の前を通った時に午後3時という中途半端な時間帯にもかかわらず満席だったのです!店内にはもちろん大きなピザ窯があり、絶品のピザを食べることができます。滝からも徒歩10分以下で行ける便利な立地です。

ナイアガラの滝のおすすめホテル

ナイアガラの滝の観光は1日あれば十分ですのでトロントからだと日帰りでも問題ありません。でも、折角ですからホテルに泊まってゆっくりするのもおすすめです。夜には滝のライトアップもありますし、夏には花火もあがります。

滝の周辺にはホテルが数多くありますし、エアビーアンドビーのリスティングも多いです。ヒルトンやシェラトンなどの5つ星ホテルから、モーテルのようなカジュアルなところまであるのですが、その中でも個人的に一番おすすめなのがエンバシー・スイーツ(Embassy Suites)です。

このホテルは、私の両親が初めてカナダに遊びに来てくれた時に予約したホテルなのですが、決め手はもちろんナイアガラの滝が見えること!

ヒルトンやシェラトンなどのホテルからもナイアガラの滝は見えるのですが、正面に他のビルがあって視界が一部遮られているのです。その点でエンバシー・スイーツはナイアガラの滝が真正面に見えるという絶好の立地!上の写真は私が実際に泊まった部屋からの眺めです。

ナイアガラの滝への行き方

最後にナイアガラの滝までのアクセス方法をご紹介しましょう。トロントからだと車、バス、電車、鉄道の4つの方法があります。

車だと道の込み具合にも寄りますが、1時間ちょっとで着くこともあります。途中にはワイナリーなどもあるので、そこに寄ってから行くのもいいですね。

バスもかなり本数が出ています。トロントのバスターミナルからの出発で、2時間ほどでナイアガラに着く便もあります。値段は15ドルほどからなので、気軽に行くことができますね。

電車は、Go trainというシステムです。ただし、夏場は直行便があるのですがそれ以外の時期は途中からバスに乗り換えなければならないのでちょっと面倒な方法です。

そして個人的に一番おすすめなのが鉄道です。カナダの国鉄であるVIA鉄道で行くと雰囲気たっぷり!運行は毎日ではないですし、本数も少ないので早い目の予約が必要ですが、その価値は大アリです。

色々と交通手段などを考えたくないという場合には、トロント発着の1日ツアーに参加するのもおすすめです。70ドル前後からの学生向けの安いツアーもあり、ワイナリーやナイアガラ・オン・ザ・レイクというとっても綺麗な街に立ち寄ってから滝に行くというコースが一般的です。

カナダならではの大自然を満喫!

日本にも大自然を楽しめるスポットが数多くありますが、カナダは国土も広いだけであってその規模が違います。ナイアガラの滝もその一つで、まさに大自然を全身で感じることができ、訪れた後はいつも身も心もすっきりした気分になります。行くなら気候のいい夏がおすすめですが、滝の一部分が凍る冬も美しいですよ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST