title

都内から成田空港へ向かうときのアクセス方法には、さまざまなものがあります。ここでは「飛行機に乗り遅れないアクセス方法はどれか」ということに重点を置いて、お勧めのアクセス方法をご紹介していきます。

時間に正確な「成田エクスプレス」

首都圏から成田空港に最も早く到着できる空港特急は、JRの「成田エクスプレス」です。東京、品川、渋谷、新宿、池袋、横浜、大宮などの主要な駅と成田空港をダイレクトに結びます。東京駅から成田空港までの所要時間は約59分です。空港特急としては、後ほどご紹介する京成電鉄の「京成スカイライナー」もあるのですが、乗車駅が人によっては不便です。「成田エクスプレス」の乗車駅はJRの主要な駅をほとんどカバーしているので、たいていの人にとって利便性が高いです。全席にテーブル、充電コンセントが付いています。

料金は、東京駅から成田空港までの片道で3,020円です。成田空港へ向かう交通手段の中では割高な方だと思います。ただ、主要駅から直接成田空港に行けるのは安心感がありますし、時間もとても正確です。「飛行機に乗り遅れる」のが一番まずいことですから、時間に正確な「成田エクスプレス」を、一番にお勧めしたいと思います。

事故などで「成田エクスプレス」が運休になった場合は、運転再開を待たず、JR日暮里駅に移動して、京成電鉄の「京成スカイライナー」に乗ることをお勧めします。

成田エクスプレスより割安「京成スカイライナー」

上野、日暮里駅に便利な地域にお住まいの方にお勧めの空港特急が、京成電鉄の「京成スカイライナー」です。日暮里駅・京成上野駅と成田空港をダイレクトに結びます。日暮里駅から成田空港までの所要時間は約36分です。乗車する駅は日暮里駅がお勧めです。JR日暮里駅と京成電鉄の日暮里駅は直結しています。JR上野駅から京成上野駅へは徒歩での移動が必要なので、荷物が多い場合は大変ですよ。

料金は、日暮里駅から成田空港までの片道で2,470円です。「成田エクスプレス」と比べて少し割安です。「成田エクスプレス」「京成スカイライナー」のどちらが良いかですが、車内の快適さ、荷物置き場の充実度などはあまり変わらないので、自宅から便利な空港特急を選べば良いと思います。

    全席コンセント、wimaxの無線LANも付いてるのでパソコンや携帯の充電も可能です。

    注意点は、鉄道路線のどこかでトラブルがあり運休しているとき、京成電鉄の場合は、一般の路線ではなく「京成スカイライナー」を先に復旧させる傾向がある、という点です。お金はかかりますが、一般の快速や特急ではなく「京成スカイライナー」を利用する方が無難でしょう。

    その他成田アクセスは下記をご参考ください。

    • アクセス特急(品川、新橋、日本橋からも特急料金不要で直結。)

    • 快速特急、特急(船橋経由、特急料金不要、本数充実)

    空港特急が運休したら「都内各地から出発する空港リムジンバス」がお勧め

    都内各地から出発する空港リムジンバスは、荷物の預け場所を確実に確保することができ、一度乗ってしまえば、寝ている間に空港に着いてしまうので、とても便利です。しかし、「空港リムジンバス」は、まったくお勧めできないアクセス方法です。事故や渋滞などで、少しでも遅れてしまうと、飛行機に乗り遅れてしまいます。「前泊するから、成田空港近くのホテルまでたどり着ければ良い」という人にはお勧めです。雨が降っても歩かなくていいですし、重いスーツケースがある場合、楽々、空港まで到着できます。

    ※只今、ユース、シニア割もやっているので25歳以下、65歳以上の人は安くなるのでお勧めです。(店頭では自己申告しないと適用にならない場合が何回かあったのでユース割使えますか?と聞いてみた方が良いです。)

    しかし、いざというときの代わりのアクセスとして、常に空港リムジンバスの情報はチェックしておくべきです。例えば、台風が接近しているが、関東に上陸するかどうかまだわからないとき。このような場合、「成田エクスプレス」や「京成スカイライナー」は簡単に運休してしまいます。ところが、空港リムジンバスは、よっぽどのことがない限り、運休しません。空港特急が予定通り運行されるか微妙だな…というときは、チケット代が無駄になっても、代わりとなる空港リムジンバスを予約してチケットを買っておくことをお勧めします。無駄なお金かもしれませんが、飛行機に乗り遅れるよりはましですからね!さらに言うと、もし可能ならば、1日前の空港リムジンバスで成田空港に向かい、成田空港近くのホテルに前泊して、翌日のフライトに備える方が安全かな、と思います。

    https://www.limousinebus.co.jp/

    たった1,000円で乗れるリムジンバス「THE アクセス成田」

    銀座駅・東京駅からたったの1,000円で成田空港に行ける格安リムジンバス「THE アクセス成田」が今、話題になっています。特に悪い評判も聞かないので、お試しいただいても構わないと思いますが、事故や渋滞による遅延リスクがありますので、十分注意しましょう。ホームページでは、予約してもしなくても良い、と書いてありますが、人気のリムジンバスなので、予約した方が良いです。

    このリムジンバスが威力を発揮するのは、LCCの早朝発のフライトを利用するケースです。例えば、東京発1:10、成田空港第三ターミナル着2:15。東京発1:20、成田空港第三ターミナル着2:25。東京発4:10、成田空港第三ターミナル着5:15。これらのバスを利用すると、電車の終電が終わってから始発が動くまでの時間を使って、効率的に成田空港に向かうことができます。もちろん、深夜・早朝であっても遅延リスクはありますので、お気をつけください。

    また「THE アクセス成田」の一部は、成田空港近くのホテルにも停車します。空港近くのホテルに前泊する人にとっては、とても便利なリムジンバスだと言えるでしょう。

    下記のURLから詳しく

    http://accessnarita.jp/

    まとめ

    空港へ向かうアクセス方法を選ぶときは、もしトラブルが発生しても、飛行機に乗り遅れないアクセス方法を選ぶようにしましょう。基本的には、鉄道 (空港特急) がお勧め。鉄道がすべて運休したときに備え、リムジンバスでの行き方も調べておくとさらに安心ですよ。

    スポンサーリンク

    Twitterでフォローしよう

    RECOMMEND POST