~成功するナンパ学~男女別イイ出会いの場所、条件

出会いは科学です。いい出会いを作ったりだとか、ナンパに人が引っ掛かりやすい状況だったりとか、まじめな出会いが起きやすい場所とか一晩限りの火遊びみたいな出会いが起きやすい場所が決まっています。そういう場所だったり方戦略を使い分けることによって皆さん望む恋愛をゲットしましょう。真面目な恋愛を求めている人もそうでない人も使えるテクニックが結構多くなっております。

デートに誘うタイミング

2012年にモンマス大学が99人の男女に短いエッセイを書くように指示してそのあと全体を2つのグループに分けるという研究でスタートします。

先に行っておくと大変な作業を終えた時や試験の後など人間の脳のエネルギーを消費したときにデートに誘った方が相手がイエスと言う確率が上がるというのがこの研究です。

先に結論を言ってしまうと相手の判断の判断能力が落ちている時にデートに誘うと1.3倍の確率で相手がイエスと言うという研究です。

詳しく説明すると片方のグループには自由にエッセイを書いてもらいもう一つのグループにはEから始まる単語を使わずにエッセイを書いてくださいと指示します。

こうすると当たり前ですが自由に書く人たちよりもEを使ってはいけないと言われた人たちの方が頭を使います。

この後美男美女の写真を被験者たちに見せてこの人からナンパされたら付いていきますか?という質問をします。

こうすると使える単語の制限を受けたグループつまりEを使わずにエッセイを書いたグループの方が自由にエッセイを書いたグループよりも30%程多くイエスと回答しました。

つまり答えはこういう事です。判断能力を酷使したグループはお誘いを断れなくなりました。という事は答えは簡単です。相手が疲れていそうな時にお誘いをするというのが基本的なポイントです。

お昼休みにご飯行かない?と誘うよりは大変な仕事が終わった時とか帰り道に今度ご飯行かない?と誘う方が効果的です。

あと疲れているときに差し入れと伴にサラッと誘う人がいると思うのですがあれば凄く効果的です。

値段に関係なく小物を差し入れをすることは相手が説得に応じる確率が上がるという事が分かっています。

相手にイエスと言わせる技術はナンパとかデートとか出会いをものにする機会にも使えます。

だから出会いをモノにできる人というのは説得もうまいです。

そういう意味で言うとモテる人というのは仕事ができる人が多かったりそういう関連性もあります。

餌で釣るというよりは人はモノをもらった後はイエスと言いやすくなります。

オンラインデートとモテの研究

 

2007年にウィスコンシン大学がオンラインのデートサイトで202人に協力してもらって出会いの成功率が高いものはどんなエントリーをしているのかを調べました。

インスタやフェイスブックなどネット上のやり取りでデートの確率を高める為にはどうしたらいいのかというポイントが3つ分かっています。

やり取りが長くなると成功率が下がります

どいういう事かというとオンライン上での連絡先の交換だったりとかネット上でやり取りをするようになってからやり取りをする時間が長くなればなるほど会う確率は低下します。

こういうと前にお互いのことをちゃんとわかっていた方がいいと言ったではないかと言われるかもしれませんがそれも正しいです。これは矛盾しているのではなくてやり取りが長くなればなるほど会える確率は低下するのですが一方で事前にこちらの情報をオープンにして開示しておかないと逆に成功率が下がるという事も分かっています。

つまりどういうことかと言うとネット上のやり取りはお互いの事をちゃん理解しておいた方がいいのですが長い期間すっとやり取りをして会わないというのは宜しくありません。

どちらかというと短期間で密度感を高めてあげて盛り上がるというのをやってから会うというのがポイントです。

お互いのことを知っていなければいけないですがやり取りがダラダラ長くなるのはダメです。

短期間にやり取りをたくさんして相手のことをとっとと知りましょう。とっとと知った状態で相手に会うという事がポイントです。

できるだけ早く電話での会話に持ち込む

なかなか現実で会うタイミングが掴めない場合、電話をして相手に自分の声を伝えた方がいいという事が分かっています。

なぜかと言うと人間の声というのは信頼や親密感を生むという効果があります。

だから会えない場合は電話で一回話してみるというのがいいと思います。

電話は苦手という人も結構いると思うのですが電話をしておいて信頼感を作っておくほうが会った時に楽になるので苦手という人も練習をしていけば上手になるので電話に対する抵抗感をなくしておいて早めに信頼感を作った方がいいです。

面白いもので人間は信頼している人に対してはいいとこばかりが見えてきます。確証バイアスというものなのですがパッと見た相手の印象がいい人だなと思えばいい人だと思える証拠を探します。

逆にパッと見てこいつ嫌な奴っぽいなと思うと嫌な奴と思えるポイントを探します。

なぜかと言うと俺の予想はやっぱり当たっていたと思う方が幸せだからです。

こうなると自分にとって都合のいい証拠ばかり集めるようになってしまいます。

裏を返せばこのバイアスは早い段階でこの人信頼できそうだなという感覚を与えておけばそれ以降は自分で証拠集めをするのでこの人と出会えてよかったという風になります。

つまり何が言いたいかというと、会う前に早めに電話しておいた方がいいです。電話をして印象を作っておいた方がいいです。

こうしておけば実際に会った時に少し見た目が微妙だったりとかネガティブな部分があったとしてもいい方向に見てくれます。

盛る

これはオンライン上でしか起きえない特徴なのですがこの特徴を持っているといくら出会おうとしても出会えないですし仮に出会えたとしても格下の相手だといいと思ってもらえません。

それは盛ることです。

この写真盛れてるからプロフィール写真に使おうみたいなのはヤバいです。

オンラインでは絶対に持ってはいけません。

オンラインデートを成功させたいのであれば期待値を下げてください。オンラインデートで上手くいく男女というのはどちらも相手への期待値が低い傾向があります。

つまり期待値を下げておけば相手へ過剰な幻想を抱かないですし適切なコミュニケーションが取れることが分かってます。

つまり自分も盛らないですし相手が可愛かったとしても勝手に盛り上がらないというのがポイントです。

お互いに自分の写真を盛るとどうなるかというと相手からいいと思われるのでアクセスなどは増えます。ところがこれをやってしまうと実際に会った時に誰?みたいな風になってしまいます。

人間は一番最初にした予想に対して現実がどうかというのを考えてしまいます。これはコントラスト効果というもので説明できて

1回目に見たイメージと2回目に見たイメージの落差が大きく感じるというものです。

つまりどういうことかと言うとエルメスのバックを見た後にヴィトンのバックを見たら安く感じます。

でもコーチを見に行ってからヴィトンを見に行くとヴィトンが高く感じます。つまり1個目と2個目の落差を大きく感じるというのが人間の悲しい性なんです。

だから逆に言うと相手に期待される期待値を下げておくと実際に会った時にやっぱりいい人、すごくよかったと思われる可能性が高いので期待値を下げておくというのがポイントです。

自分もそうです。スペックが高くてこの人は私の王子様だ見たいに思っていると実際に会った時に違うところが目についてやっぱり微妙だな~と思ってしまいます。

つまり自分で盛り上がった場合には2つ弊害があって盛り上がって実際に会った時に恋愛に一歩踏み出そうという気持ちが無くなってしまいます。こうすると自爆しているわけです。

逆に凄く盛り上がって本当に相手が期待値と同じだったとしても期待をし過ぎて空回りします。適切なコミュニケーションが取れなくなってしまうので盛り上がるのもやめた方がいいですし逆に自分を盛るのも辞めた方がいいです。

あとオンラインデートで絶対この子をモノにしようは絶対にダメです。遊びに行って仲良く会話ができればいいな、ご飯に行けたらいいなみたいにただ楽しもうと、仲良くなろうと思っていくのがいです。それで雰囲気がよくなったら恋人関係になってもいいですが、最初は自分の期待値も下げなくてはならないですし友達として仲良くなろうと思うのがいいです。

人間の脈ありかどうかという仕草は相手に対して好感度を持っているか時に出る仕草です。

ちなみに以前書いた相手が脈ありかどうかを見抜く方法は下記の記事を参考にして下さい。

これは恋愛が好きとかではなくて友達として、人として好きという時に出てくる仕草がポイントになります。つまり好きな人には自分のことを信頼してほしいから自分は信頼できる人ですよという信頼のシグナルが出ます。

という事は信頼してもらう必要があるので一番最初はハードルはあまり高く設定し過ぎないようにして仲良くなろうとすることが大事です。

ちなみに結婚サイトや婚活サイトってどのくらい本気なのと思われるのですがこれから本気度はどんどん高まっていきます。

アメリカでも結婚しているカップルの3組に1組はオンラインで会っていてオンラインで会ったカップルの方がそうでないカップルよりも結婚や恋愛に対する満足度が高いという事が分かっていますし離婚の確率が半分ぐらいなんです。これからはオンラインになっていくと思うので慣れておくという事はいいと思います。

バーでモテる男性の振舞い方

2014年ウィーン大学の研究チームがバーに通い詰めて40人の男性の行動を観察する研究を14日間に渡って行いました。

初対面の女性と1分間のコンタクトを取ることに成功した男性には4つの特徴がありました。

  • 見まわし

バーに来た時に全体をざっと見まわして気になる女性を見つけます。見つけたら何をするかというと見つめます。

相手と目があったり目を逸らされても一定時間見つめたのです。これ怪しいんじゃないかと思う方がいるかもしれませんがこれは意外と面白くて相手もリアクションをしてきます。にこっとしたり。

逆の立場で考えてほしいのですが横から変な人が見ているとかでない限りは見られたらにこっとするじゃないですか。なぜならそれで無視したら感じが悪いから。そうしたらコンタクトが取りやすくなります。さっき目が合ったよね?とかさっきはごめんね。みたいに。

特に女性の笑顔はかなり強力です。女性の魅力はメイクよりも笑顔になれるかどうかで決まるという研究もあったりするので女性は笑顔を使ってくださ

女性のメイクの魅力について詳しく解説した記事はこちら

  • 空間把握

自分が空間を掌握しているという事が重要です。

大体バーとかに行ってモノにできない人は体を小さくしています。なるべく体を大きく動かして自分のポジションを確保するという事が大事です。

動ける範囲が大きいという事は自信を示すことになるのでこうするととても魅力的に見えるし自信満々の人に見えます。自信満々の人に見せる為にはなるべくリアクションを大きくしてみたり、体を大きく動かすことに抵抗が無いような動きをしてあげることがいいです。

例えば歩くときに小さくなってちょこまか動くよりはどちらかというと胸を張ってゆっくり歩くだとか自分の周りの大きな範囲を支配していると見せられるような事をするといいです。

  • オープン姿勢

これ先ほどの空間把握と非常に近いですが背筋を伸ばすと自信満々に見えますし自信が湧いてくるという研究もありますがこういう姿勢を取ってあげるとバーの中でも声を掛けられやすいですしナンパとかも成功しやすくなります。ただし絶対に腕は組まないでください。腕を組んでいる人はモテません。オープンな姿勢になっている方が包容力もありますし人間味がある人と思われやすいです。

モテる姿勢と背筋を伸ばして腕は組まずにオープンにしてやや後継姿勢になってください。

そうすると体が大きく見えて堂々としているように見えます。堂々として見える人は信頼されやすいです。

  • 同性へのタッチ

相手が気づかないくらいのボディータッチというのがナンパの成功率を上げるという事が分かっています。

ナンパ本とかを見ると相手の二の腕をタッチしてエスコートしましょうなどと書いてありますがそれもいいですがこのバーでモテる男の研究では女性へのタッチではないんです。

モテる男性というのはいろいろ特徴があるのですが頭がいいとかお金があるとかもそうですが人間同士の付き合いとか友達付き合いを大事にする、優しい人、親切な人というのがやっぱりモテます。

この研究の面白い所は同性の友人とバーにいる場合にはその男性の体をちょいちょい触る仕草がある方がいいという事が分かっています。

基本的には僕らは他人の体に触るという事に抵抗がありますよね。他人の体をポンポン触れる人は地位が高いと思われます。つまり自分が触っても文句を言われないから俺の方が上だぞという事を示しています。だから女性は無意識にこれを感じ取ってやっている方が上だと判断します。

これによってモテる特徴になるという事が分かっています。

男女における効果的な口説き文句の違い

大抵の人は異性から言われたい口説き文句を自分が口説くときに使ってしまいます。

2006年マギル大学がバレンタインに300件の告白シーンをチェックしました。

自分が口説かれるときに言ってほしい口説き文句を相手に使いました。

もう一つ面白い特徴があって男性は告白する時に誉め言葉をよく使って、女性はムードのある言葉を中心に使いました。

ここから分かることは大抵の人は異性から言われたい口説き文句を自分が口説くときに使うので

女性が男性を口説くときには誉め言葉を使って口説いてください。こうすると男性は落ちやすくなります。男性が女性を口説くときには誉め言葉ではなくてムードがある言葉を使わなくてはいけないという事です。

誉め言葉とは顔がイケメンとかお金を持っているとか分かりやすい誉め言葉でムードのある言葉とは雰囲気とか映像を感じさせる言葉です。

どういう環境下でナンパをすればいい(ナンパのポイント)

2012年ブルターニュ南大学が男性を5人集めて道を歩いている女性をひたすらナンパさせるという凄い実験をしました。

その際にナンパスポットを2つに分けてどのくらいナンパが成功するか調べたのですがなんと倍近く違いました。

1つのグループにはいい匂いのする場所でナンパをさせました。コーヒー屋さんの前とか香水屋さんの前とかパン屋さんとか。

2つ目の場所は特に匂いのしない場所。洋服屋さんだったりとかシアターなど特別なにおいのしない場所でナンパをしました。

するといい匂いのする場所でナンパをすると連絡先をもらえる確率がなんと2倍に跳ね上がりました。僕のお勧めはパン屋さんとかケーキ屋さんの前とかがいいと思います。理由は簡単です。

女性はお腹いっぱいになっている時の方が性欲が強くなっています。満腹中枢と性中枢は隣り合っているので。なので乗ってくれやすくなっていると思われます。

具体的に言うといいにおいがする場所だと23%、特ににおいのしない場所だと13%の確率で連絡先の交換ができたそうです。これなぜかと言うと女性って匂いが好きじゃないですか。あれってなぜかと言うと匂いが女性のメンタルを変えてしまうからです。具体的に言うと女性は恋愛に関してネガティブな感情を感じやすいのですが、いい匂いがしている場所に関してはポジティブになってしまいます。そうするとどうなるかと言うとちょっと気前が良くなってしまいます。だから連絡先交換して、友達になってと言われると受け入れてしまいます。

なので男性は香水とか匂いに気を使った方がいいです。いい匂いがする男性の方が女性は魅力を感じやすくなりますし気前もよくなります。

ナンパスポットの使い分け

どこで出会えば真面目な恋愛で、どこで出会えばワンナイトな恋愛になるかというものです。

本気の恋愛を探す場合と一夜の相手を探す場合では全然場所が違います。

2015年西シドニー大学が1325人の男女にアンケート調査を行って恋人が欲しい時はどこに行きますかというアンケートを取りました。

その結果多くの人は自分の希望によって出会いの場所を使い分けているという事が分かりました。

つまり自分がどういう出会いを求めいてるかで場所を変えれば出会える確率が変わるという事です。

本気の恋愛を探す場合

  • クラスルーム(学校や習い事のクラス)
  • 職場
  • サークル
  • 協会(アソシエイト)
  • ボランティア
  • ジム
  • カフェ
  • 公園

犬とかペットを連れている人はナンパの成功率が上がるという結果があるくらいです。

これは意外と理由は簡単で子供とか犬とかペットを世話している異性を見ると家庭を作った時のイメージがしやすいからです。

  • ローカルな飲食店

自分の人間関係を見せられるようなローカルな飲食店とかもいいという事が分かっています。

一夜の相手を探す場合

  • バー
  • ナイトクラブ
  • パーティー

脱いでいるので開放的になっている為です。

普通ナンパの成功率はうまい人でも20%くらいですが海だと40%くらいまで底上げされます。

音楽とかも結構重要でラブソングとかが流れているところだと相手が連絡先をくれる確率が2倍に上がるという事が分かっています。

なのでお勧めは海の家でラブソングが薄くかかっているところでしかもいい香りが漂っているところでナンパをする事です

  • 結婚式

結婚式は一夜の相手を探すのに非常に向いています。誰かが結婚しているのを見ると自分もその気になってしまいハードルが下がるので結婚式は一夜の相手を探すのに非常に向いています。

  • ライブ

アドレナリンが出過ぎると判断能力が低下するのでありがちですが効果的です。

  • ホームパーティー

ちなみにどちらの出会いでも使える場所もあってそればジムと地元の飲食店です。

ジムは体を動かしていてアドレナリンが出ていますし、地元の飲食店だとお酒も入ったりしてどっちでもいけるんだなという事が分かります。

一夜の出会いを求める男性はバーとかクラブとか海などに出かける傾向があるので誠実な出会いを求める女性は特にバー、クラブ、海で声をかけられた場合には少し注意した方がいいです。

女性は服装も重要で露出が上がれば上がるほど声をかけてくる男性は増えますがワンナイとを求めている男性が声をかけやすくなるという事も分かっていますので露出度が高いときにというのは注意が必要ですよ。

後は補足的に話しておくとナンパは晴れている日にやった方がいいです。

2013年にブルターニュ南大学が男性アシスタントに協力を頼んで500人の女性に晴れの日と曇りの日に声をかけさせた場合、晴れの日に声をかけさせた場合の方が女性が連絡先を教えてくれる確率がおよそ2倍になりました。

晴れの日が22%、曇りの日が14%でした。

晴れの日の方が気分がよくなるので気前よく相手の頼みを受け入れる気分になりやすいというのが原因です。

結局ナンパをする場合というのはビジネスでも使える説得するというテクニックが使えます。

説得のテクニックがそのままナンパに使えます。

影響力の武器という本の中にあるテクニックが本当に役に立つという研究が行われているのでこれも紹介しておきます。

フットインザドアというテクニックです。これはセールスの世界でよく使われる言葉でナンパでも使えるのかという事を調べたものです。

小さいお願いをしてそれをイエスと言ってくれたらホンチャンの大きいお願いをするというものです。

2008年にブルターニュ南大学が男性アシスタントを雇ってショッピングモールで240人の女性をナンパする様に指示しました。

その際に声のかけ方を2つのパターンに分けました。

1つ目。飲みに行きませんか?と誘った場合。

2つ目。まず道を尋ねます。そのあともしよかったら飲みに行きませんか?と誘うやり方を行いました。

この実験で普通に声をかけた場合は4人がイエスと答えたのですがフットインザドアテクニックを使った場合は19人が誘いに乗ってくれました。

結局相手に対して何か親切にしてあげると相手を好きになってしまいます。人間は何かしてくれた人よりも何かしてあげた人のことを好きになります。理由は簡単で丁寧に道を教えてしまうと人間は自分はこの人のことを嫌いではないから道を教えたと思ってしまいます。当たり前ですよね。

嫌いな人に親切に道を教えたりしませんから。

それから親切に道を教えると相手のいい所を探します。その結果ちょっとしたお願いを相手にしてそれを気持ちよく施しをしてくれた場合には相手がイエスと言いやすくなるのでべたですが相手に道を聞いてそれからお誘いをした方が相手がイエスと言う確率が上がるという事が分かっています。

一番覚えておいてほしいのは説得のテクニックがそのまま恋愛に使えます。

それだけ覚えておいていただければ皆さんの恋愛に非常に役に立つと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST