~髪の毛が生える方法~薄毛の唯一の科学的対策まで

薄毛に対する心理的ダメージ

薄毛になると見た目の問題でかっこいいとかかっこ悪いとかそういった話は置いておいてメンタルにダメージが来ます。メンタルの面を気遣うのであれば尚更薄毛は直した方がいいです。

1995年にロンドン大学が行った182人の薄毛男性を集めた実験とアンケートなどを行って心理的にどんな影響が起こるのかという事を調べました。そうすると薄毛というのは自尊心が低下したり鬱状態になりやすくなったり外向性が低下して内向的になってしまう後は神経症的傾向の増加をして感情が不安定になってしまいます。あとはセルフイメージの低下。自分に対して自信がなくなってしまいます。そういう意味で言うと対策できるなら対策した方がいいです。これは人生の質などとも相関性があるという事が分かっています。

さらにロンドン大学が別の実験で1983年に204人の男性に行った実験でも同じようなことが分かっていて薄毛の男性にEPQの点数が悪かったです。

EPQとは性格特性を表す数値でPというのが精神病的な傾向、Nというのが神経症的傾向で要するにメンタル面にはダメージがあるという事が83年の実験でも分かっています。

後はカルフォルニア大学の調査294人の薄毛の男性を調査したものですが全体の74%が薄毛になってから精神疾患にかかっていました。疾患の内容ですがいわゆる強烈なうつ病、社交に対する不安や不安障害などの問題です。

薄毛というのは実は毛の問題ではなくてメンタルの問題に発展する可能性があります。

そしてQOLも低下します。

ウェルズ大学が薄毛の男性1000人に行った調査によると

脱毛するのと同時に138ヶ月間人生の質が低下していく傾向が見られました。

毛が抜け始めた頃に対策をすればいいのですが対策するのが恥ずかしいからとそのまま放置してしまうとどんどん人生の質が低下してしまいます。

この悪影響はかなりレベルが高くて他の病気にかかった人たちと同じくらい悪影響がありました。

更にオールド・ドミニオン大学が63人の男性を対象に行った研究で薄毛の男性ほど身体イメージの満足度が低いという事が確認されています。

身体イメージの満足度の低下ですが毛が薄いから当たり前だと思われるかもしれませんが薄毛の部分以外も含んでいます。

つまり薄毛になっている人は同じような体形で髪のある人に比べて自分の体に対する満足度が低下してしまいます。あらゆる点で自尊心が低下してQOLが下がるので薄毛というのはメンタル的には非常に重要な部分になるのでここら辺はちゃんと対策した方がいいのではないでしょうか。

もう一つ薄毛になることであるリスクが上がるという事が分かっています。なんと心疾患のリスクが上がります。

2013年に東大が行ったメタ分析です。薄毛の男性は髪のある男性に比べて32%も心疾患を発症するリスクが高かったのです。

これはおそらくテストステロンの増加で心疾患の確率が上がるのではないかと言われているのですがいずれにせよ薄毛というのは様々な事と繋がっているので見た目だけの問題ではないという事です。逆に言うと今薄毛で悩んでいる人は薄毛が治ったらメンタルがめちゃくちゃ改善される可能性があります。

結局髪がないことの問題ではなくて薄くなってきているかもな~と思うその感覚が不安感を募らせてしまってQOLを落としてしまったりメンタルを落としてしまうので皆さんの人生の為にも何かやっていただいた方がいいのかなと思います。

薄毛が治るとどうなるか

1991年にエラスムス大学が薄毛の男性168人を集めてあるものを使って治療を行いました。

これは実はミノキシジルです。ミノキシジルで毛量が増えた参加者には3つの効果が出ました。

社会不適用の改善

髪が生えたことによって自分により自信が持てるようになりました。それによって社会不適合者だった人たちが社会に入ってくるようになってコミュニケーションが取れるようになりました。

コミュニケーション不全の改善

人とコミュニケーションを取るのが苦手とか自分の言いたいことが言えないなどのコミュニケーション不全が改善されました。

自己評価の改善

自分に対して自信も持てるようになったり運を無駄にしなくなったり卑下しなくなりました。

薄毛が他人に与える印象

1998年にセントラルフロリダ大学が96人の学生を対象に薄毛が他人に与える印象について調査しました。参加者に顔写真をCGで処理して髪の毛の量を変えた男性の写真を見せました。そして参加者に対して魅力度を採点してもらいました。

その結果髪がある場合にはリーダーシップがあって活発で若々しくてそしてより男らしく見えるという事が分かりました。男性としての魅力も髪がある方が高いという事です。

さらにジョンホプキンス大学が2016年に行った実験だと122人の男女を半分に分けて片方のグループには1200本の植毛を行い第三者に魅力度の採点を行った貰いました。

その結果植毛をした人たちは平均で3.6歳も若く見えるようになり魅力度も17%も上がり、生き生きとした印象が14.2%アップ、親しみやすさも18.4%もアップしました。

これは結局髪の量が増えることも大事ですが、見た目のイメージだけではなくて植毛して髪が増えたという自信がコミュニケーションを高めたりとか、相手に自分の悩みの部分を話すことができるようになってその結果魅力的になっているという部分があると思います。

1998年にメルク研究所が行った研究によると18歳から50歳の男性を対象に薄毛の何が嫌かというアンケートを取りました。

そうするとやっぱり一番多いのは老けて見えるという事です。

老けて見えることで周りからの評価が下がる、さらに老けて見られていると自分が思う事で自己評価が下がってしまってコミュニケーションの質が下がってしま為QOLが下がってしまいます。

薄毛のポジティブな面

1996年にバリー大学が500人の方を対象に薄毛に関する印象を調査しました。

その結果薄毛な男性ほど社会的に成熟していて頭が良さそうに見えて、経済的にも豊かに見え、社会的なステータスも高く見えて、正直に見えるという傾向が見られました。

ただ薄毛になればなるほど身体的な魅力度は下がります。

これはつまり年上の人に感じる安心感なのです。

薄毛の人が持っているメリットは年上そうに見えるので年上の落ち着いている感じが手に入ります。

つまり薄毛というのは老化の指標として働いてしまいます。

が、何事も中途半端は良くないですよね。では思いっ切りスキンヘッドにしたらどうなのかというと

中途半端に薄くなるくらいなら全部剃ってしまった方がいいです。

2012年にペンシルベニア大学が行った実験で薄毛の男性はより成功者に見えるという印象を与えるという事が分かりました。

しかしこれは条件付きです。これは髪の毛が完全にない場合限定です。毛髪が少しでも残っていた場合には成功者のイメージはなくなります。

かつらの問題

自分がかつらを被っているんだというその感覚がデメリットになる可能性があります。つまり自尊心や自信の低下につながる可能性があります。だから自分の自信を完全に取り戻すという意味ではちゃんと治療した方がいいです。

薄いことが問題ではありません。メンタルにダメージがある事が問題です。

どんな治療をしたらいいのか

シャンプーなどもありますがちゃんとAGAの病院に行った方がいいです。

あくどい病院などもありますが何百万も使わせて金を取ろうとしていると言う事は嘘です。

これはメタ分析になりますが結局薄毛には何が効くのか調べたものがあります。

薄毛に効くと昔から言われているものはロゲインやプロペシアや低出力レーザー治療などもFDAの人気から出ているのでいいのではないかと言われています。

プロペシアは良く育毛剤として使われたりしますがこれは男性型脱毛症にしか効きません。なので自分の脱毛のタイプを把握していないと効かない場合もあります。

男性型脱毛症は男性ホルモンが異常分泌によって起ります。これは女性にも起こる可能性はあります。

それ以外の脱毛例えば栄養不足やカロリー不足、ビタミンB12や亜鉛が少なくなると脱毛症になるのですがにはこれにはプロペシアは効きません。

あとロゲインや低出力レーザーは所謂頭皮の血流を上げたりする効果があるので割といろいろなものに効くのではないかと言われています。

なので遺伝が原因の脱毛であれば男性ホルモンが原因になっているのでロゲインやプロペシアや低出力レーザーが効きます。

また最近の治療法で結構効くのではないかと言われているのが低出力レーザーです。

なのでちゃんと病院に行ってやった方がいいというのがこのお話です。

薄毛の一番の原因

遺伝などで特定の物質が増えてしまう事で薄毛になってしまうこともあるのですが、ではその物質が何かというと、ファイブアルファーリラクターゼというものがあってこれが原因ではないかと言われています。

これは遺伝的に増えやすい人もいるのですがこれを抑える物質を投与することで薄毛を直すことができます。

そしてメタ分析などしてこのファイブアルファーリラクターゼを抑えることができると言われている薬は2つだけです。

1つは先ほど紹介したミノキシジル、あとはフィナステリド。

この2つが入っている薬を処方してくれるところがあればいい所です。

ちなみに食べ物では摂れません。なのでAGAのクリニックに行った方がいいです。

実際にAGAクリニックに行って治療した結果が気になる事はこちらの記事をご覧ください。

https://wetravel-world.com/2020/05/07/aga-clinic/

一番最初にミノキシジルやフィナステリドを使ってもらってそれでももう少し効果が欲しいなと思ったら低出力レーザーなどを使ってみるというのがいいと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST