人生変わる!学生時代、今話題のセブ短期留学に行ってきた!

※こちらはブログライターAyaさんが書きました。

こんにちは!24歳、現在OL二年目のAyaです。

近年、気軽に行ける留学先として人気を集めている「セブ島」。セブはフィリピンの島の中の1つで、リゾート地として大人気ですよね!「英語が喋れるようになりたい」「海外に友達が欲しい」「リーズナブルにリゾート気分を味わいたい」・・・など様々な願いを叶えてくれるセブ留学は、学生さんにも社会人の方にもオススメです。また短期留学なら、学校を休学したり、お仕事を休職する必要もありません!

今日はこの記事で、あなたのセブ留学の一歩を後押しします★

-----目次-----

  1. 英語ができなくても海外が初めてでも大丈夫!まずは出発準備。
  2. 寮ってぶっちゃけどうなの?
  3. 学校ってぶっちゃけどうなの?
  4. 短期留学中でも遊べるの?
  5. で、いくらかかったのか。
  6. まとめ

----------------

1.英語ができなくても海外が初めてでも大丈夫!まずは出発準備。

まずは学校選びから。自分の理想に合った学校を探しましょう!

私が選んだ語学学校はセブ島の中心地、ITパーク」内にある「NILS」という学校。

この学校を選んだ一番の理由は、マンツーマン授業とは別にインターンシップを経験できるからでした。私の場合はとにかく英会話力の向上が一番の目的だったので、その目的を果たすべくNILSに決定。学生は日本人のみ(=寮内も日本人のみ)というのも安心なポイントでした。

「リゾートホテルでのんびりと留学したい!」という方や、「とにかく短期間でTOEICの点数を上げたい!」という方に最適な語学学校もどんどん増えています!

学校選びは自分の理想に合った学校かどうかを事前にしっかりリサーチしましょう。

(ちなみに、NILSはリゾート地ではないので、リゾート留学向きではありません)

気になる料金ですが、私の場合は8週間4時間レッスン+3人部屋コース(宿泊費+朝晩の食費込み)」の195,000(税抜)でした。

往復航空券について

航空券は、依頼すればNILSの職員さん(日本人)が手配してくれます。

海外が初めてでも手厚いサポートをして下さるので安心です。

ご自身で購入する場合は、LCCの「セブパシフィック航空」がリーズナブルでオススメです。相場は往復7万円程ですが、時期によっては3万円程の破格の値段で購入できます。(検索にはスカイスキャナーをお勧めします。)

持って行って良かったもの5選!中には意外なものも!

  • トリートメント(女性の方は必須)

セブは日本と水道水の質が違うのか、現地調達のトリートメントだと髪が傷むことがあります。日本のトリートメントを持参するのがおすすめです!

  • ポケットティッシュ(必ず手荷物に!)

トイレにトイレットペーパーが無い!ということは日常茶飯事。現地調達できていない段階でトイレに入ってしまった時に困らないように、初日用に持参しましょう。また、基本的にトイレに紙は流せないのでご注意ください。

  • 「一億人の英文法」(東進ブックス)

日本で販売されている文法のテキストは持っていくと授業の理解が深まります!先生が英語で英語の文法を説明してくれるので、100%理解できない…ということが多々あるかと思います。そんな時は、日本語のテキストで復習しましょう。「一億人の英文法」は誰にでも分かりやすい説明がおすすめです。

  • インスタントのお味噌汁など、日本の味を・・・

フィリピン料理は、日本人にとっては比較的飽きのこない味付けではありますが、やっぱり長く滞在するとお味噌汁が恋しくなる瞬間があると思います…。非日常の中、ほっと一息つけるのは故郷の味を口にしたときだったりします()

  • 小さいお財布(コインケースなど)

フィリピンの通貨は日本のお札のようにパリッとしておらず、シワシワになっていることも。長財布よりもコインケースのような小さいお財布が重宝します!

その他分からないことや詳しいことは、NILSの日本人スタッフさんに問い合わせをすれば全部教えてくれます!不安を感じたらすぐになんでも聞いてみましょう!

2.寮ってぶっちゃけどうなの?

最高!とまではいかないが、破格のクオリティ。

わたしが宿泊したのは、学校のあるビルから徒歩10分ほどの「AVCbuilding」という寮でした。現地感あふれる街並みの中にある寮なので、現地の空気を肌で感じたい!という方にはオススメです!

寮内の清掃は現地スタッフさんが徹底してくれます。ウォーターサーバーやWi-Fiも完備気になる水廻りの環境も滞在中に困ることはありませんでした。さらに朝晩の食事までついてきます。食事は日本人の好みに合わせて作ってくれていますが、クオリティはそこまで期待しない方がいいかもしれません()

しかし12食込みで約2000円の値段を考えれば、かなり破格だと言えます!

「出会い」を大切にするなら寮での相部屋がおすすめです!

寮に滞在していたのは100%日本人、うち約8割が学生、あとの約2割は社会人という割合でした。滞在中はとにかく色んな人と出会いました。この出会いこそが、寮に滞在する醍醐味と言えます!ハサミ1本持って「世界で美容師になる!」と夢を語る美容師さんや、カメラと機材を担いで世界中を旅するカメラマン、超高学歴なのに超ファンキーな学生さん…など、現地で出会った社会人は本当に色んな方がいて、素敵な生き方に思わず感動してしまいます。色んな人の価値観に触れたい!という方には、絶対に寮での相部屋がおすすめです!もちろん男女別部屋なのでご安心を。

 

この屋上で、夜な夜なみんなで集まってはおしゃべり。

とはいえ、全ての人におすすめではありません。

人との出会いの面ではプライスレスな経験ができる寮ですが、もちろんすべての方におすすめではありません。

「寮の中くらいは自分の時間が欲しい

という方や、「他の人との相部屋に抵抗のある」という方は、ホテルに滞在するか、一人部屋のコースを検討した方がベターです。どんな留学生活にしたいかを、最初にスタッフさんにしっかりと伝えましょう!

3.学校ってぶっちゃけどうなの?

セブの基本はマンツーマン授業

さて、ここからは肝心な学校生活についてお伝えします。セブの英語学習は基本的にはマンツーマン授業です。とはいえ何時間もずっと同じ先生にレッスンを受けるのではなく、1時間目はリスニング、2時間目はスピーキング・・・と時間割ごとに先生が変わります。当たり前ですが、マンツーマンは自分が話さないと授業が進まないので、英会話力は必ず身につきます!他の人の英会話力と比べなくて済むので、自分のレベルに集中できるのもマンツーマンの良いところです。

先生の英語は上手いの?授業のクオリティって?

先生の英会話力が心配、という声は、フィリピン留学を検討している人からよく聞きます。というのも、フィリピン人にとって英語はあくまでも第二言語。英語のネイティブスピーカーではないのです。

私個人の感覚ですが、やはり発音の良し悪しや英語力は先生によってばらつきがあります。

「ネイティブとのビジネスの為に英会話力をより向上させたい!」といった、いわゆる上級者の方にはあまりオススメできないのは事実です。

しかし、超初心者~日常会話レベルまでの人にはむしろセブ留学はすごくオススメです。

生徒それぞれのレベルに合った授業をしてくれますし、何より先生がすごくフレンドリー。私は外語大出身で、様々な国の教授の授業を受けてきましたが、セブの先生の授業は、今までで一番積極的に話しやすいと感じました。英語への抵抗をなくしてくれる授業のスタイルとしては、世界トップレベルの授業ではないかと思います。

4.短期留学中でも遊べるの?

せっかくセブに来たんだから、勉強だけで終わりたくない!

大丈夫です、遊べます!!授業は月~金曜日までの週5日だけなので、週末はゆっくりとセブを観光することができます。

私も週末はとにかく遊びまくりました!寮のみんなとアイランドホッピングで小さな離島へ行ったり、セブ南部の「オスロブ」へジンベエザメを見に行ったりしました。

大きなショッピングセンターもオススメ。「SMモール」や「アヤラモール」が有名ですが、一日中遊べてなんでも揃う大型施設です。

セブ1の巨大ショッピングモール「SMシーサイド」      セブは海がとても綺麗です!

また南国ならではのナイトアウトもセブの楽しみの一つ。クラブが密集している「マンゴーストリート」が有名ですが、おしゃれなルーフトップバーをはじめ、ビアガーデンなどもたくさん!(ナイトアウトの際は、盗難には注意してくださいね!)

最近は観光客向けのおしゃれなお店が増えています!

4.で、いくらかかったのか。

勉強して、遊んで、、、結局いくらで楽しめるのか。

私の場合は、8週間で総額約40万円でした。

40万円の内訳・・・

  • 8週間4時間レッスン+3人部屋コース(宿泊費+朝晩の食費込み)」の¥195,000(税抜)
  • 往復飛行機代の約¥50,000
  • その他費用(食事代(平日のランチ代や外食費など)、お土産、観光費など)約¥150,000

もちろん「どれだけ外食をするか?」「どれだけ買い物をするか?」によって大きく変わってきますが、贅沢しすぎなければこれくらいで十分遊べると思います。

とはいえ今思い返すと、海に何度も行き、外食も多く、お土産もそれなりに買ったのに、「その他費用」が15万円でよくここまで遊べたなあ…と感じます。

交通費と食費の安さがこの値段で済んだ理由ではないかと思います。物価の安さは、学生の味方ですね!!

6.まとめ

ここまでざっくりと私の留学生活のことを書かせていただきました。

「学生生活で一番の思い出は?」と聞かれたら、私は間違いなくこのセブでの短期留学と答えます。8週間で得るものが大きすぎました!

  • 英語力がかなり向上(留学前は英語の授業で超初級クラスにいたが、帰国後は中・上級クラスの授業にも問題なくついていけたほど)
  • 国内にもセブにも親友ができた。今でも頻繁に連絡を取り合う仲です!
  • 色んな方の人生経験を聞いて価値観が変わる!

・・・他にも沢山ありますが今日はこの辺にしておきます。

学生さんも、社会人の方も、必ず素晴らしい経験になると思いますので、思い切って是非足を運んでみてくださいね!

素敵なセブライフを★

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST