第六章 お金はどこへ流れていくのか

皆さん、こんにちは。

今回はお金と時間の関係についてお話しいたします。

あなたも無意識に利用されている

 

まず、タイミングが大事ということをお伝えいたします。

どんなにいい株でも有価証券でもいつでも買っていいというわけではありません。

全く同じものでも買う時期に価値が全然違うわけです。

これは当たり前なんですけど、当たり前のようにできない人が多いです。

 

  • 安かろう悪かろうがあります。

安いものはなんでも良いものではなく、使用価値で見て、相対的に見て安いものを買ってください。

  • 狼狽売りは禁物です。

価値が急落したとしてもそれはその一瞬だけ。

数日〜数ヶ月で元に戻るんです。

ということは長期で見た時にそこは買い場になります。

しかしもちろん損切りも大事なので状況を見て判断してください。

 

  • 時間がない人から買うということです。

単価が安いところから単価が高いところへ全く同じ商品が違う場所で売られています。

例えば、映画館やコンビニ、お祭りの屋台などです。

これっていうのは、スーパーなどで仕入れているのをそのまま売られているのでこれを買うのは貧乏人思考です。

屋台でフランクフルトが500円で売られていたとしてもスーパーに行けばこれっていうのはもっともっと安い値段で手に入りますよね。

コンビニもそうです。コンビニからあと5分、10分行けばスーパーがある。

スーパーに行けばこの飲み物はもっと安く買えるというのがわかっているのに、みんな時間がないからコンビニで済ませてしまうわけです。

はっきりいうとこれが貧乏人から抜け出せないルーティンです。

 

  • ユニクロとバーバリーの話

面白い話を1つさせていただきます。

バーバリーのデザイナーがユニクロの工場に行ったときにユニクロの製造を見て驚いたそうです。

それはなぜかというと、バーバリーの商品よりユニクロの商品の方が品質がよかったからなのです。

私はこれを聞いてびっくりしました。

そしてこれを聞いて思ったこと、皆さんに何を伝えたいかというと

結局みんな付加価値に魅入られているだけで品質が同じものをわざわざ高く購入しているというのが現実なんです。

 

実際ユニクロって品質も良くてサービスも良くて適正価格で、そしてデザインもシンプルで万人受けするものなのでいいですよね。世界中で売れているのも頷けます。

 

お金は急いでいる人から余裕がある人へ流れています。

入用でお金が必要で株や車、不動産を換金して投げうる人がいると思うのですが、そうゆう人がいるから富裕層は儲かります。

不動産を投げうると不動産業者は手数料により儲かって、富裕層は相場より安く不動産を手に入れることができて儲かります。

 

飲食店で成功している会社も居抜き物件を購入して成功しています。

もともとは別の飲食店が経営されていた場所が、売り上げが思うように上がらず、立退を迫られ、一刻も早く売りたい人から次の経営者が安く購入して成功させるということです。

 

また、これは私自身の経験なのですが、以前私は2ヶ月に1回引越しを繰り返していた時がありました。その時に、間取りが変わるから、引越し先に合わないから、転勤するから、海外に住むからという理由で不要になったものを格安で不用品買取業者に売りますよね。

あの会社は次、別の方が引っ越す時に中古の家具、家電を高く売ってぼろ儲けしています。

 

これを見てきて、何が言えるかというと、世界や個人に事故が起こった時に儲かるチャンスが生まれるというわけです。

  • 誰かのピンチは誰かのチャンスというわけですよね。

かわいそうですが、情は不要です。

その人も私が事故をした時に同じことをするからです。

それがビジネス、資本主義というわけです。

 

根気よく待つということが大事です。

どんなに良い株でもどんなに人気な株でも買い時は必ず1度はやってきます。

わざわざ高値更新中の割高な時に買う必要はありません。

現金は持っていても減らないので根気強く下がるタイミングを待つことが大事なんです。

 

  • 人間関係でも一緒です。

例えばすごく稼げるビジネスマンがいたとして、その人を雇おうとか一緒に仕事したいとします。

しかし右肩上がりのその人に声をかけてもこちらが無名であれば見向きもされないだろうし、

それ相応の対価を支払う必要がありますよね。

しかし、その人が落ち込んだ時、極端に言ってしまうと破産した時に声をかければ、きっとその人はお金や仕事に困っているので乗ってくれますよね。しかも格安の給与で。

手に入る人材、能力は違うのに声をかけるタイミングでその人といくらで働けるかが変わってくるのです。

そして恋愛においても同じことが言えますよね。

失恋時に近づくか、その人が1番モテ期のときにアタックするかは自由ですが、どちらで成功しても恋人になるのは同じひとりの女性なのです。

 

  • ただ準備がは必要です。

チャンスはきます。その甘いボールが来たときにフルスイングできるようにお金をためてどの株に投資すれば良いのが勉強をしておくことです。

この2つを同時進行で行うわけです

そうするとお金を貯めて、投資すべき対象物を決めておいて、安くなった時に思いっきりフルスイングできて、ホームランが打てるのです。

それでさよならホームランでいいじゃないですか。

 

皆さんもなるべく利用されないように心がけてくださいね。

次回もお楽しみに。

それではまた。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND POST